気分転換に記事書きます

自由

1から100万までの数字で一つ数字を選んでください。

 

と100万人に聞いたら1から100万までの数字が全部埋まることはまずありえない

 

1~100の数字や素数、誕生日

111、777、7777などのぞろ目、区切りの良い数字

または人種によっては

4649、334、114514、1919、810

みたいな数字に偏りが出るはずです。

 

この100万人アンケートを何回かやり

結果を数字を答えてない人たちに見せたとします。

 

そしてある人種はこう言うはずです。

 

・偏っているこの数字達を選んでる奴はオリジナリティがない。

・思考停止で流行の数字を選んでる馬鹿が多すぎる。

 

 

 

個人的な意見を言わせてもらうと

私はこの偏った数字は自由が生みだした結晶で

被っていない数字は自由の象徴で

選ばれていない数字は自由の可能性

だと思います。

 

偏った数字には偏った理由があるし、それらには人を惹きつける力や価値や理由がある

 

 

被らないことは勝利じゃないし、逆に偏らせるような数字を生み出した人が優れているとも言える。

 

それにどの数字を選ぼうが個人の自由で馬鹿にする意味がまるでない。

 

 

 

 

しかしある問題が起こりました。

時代が進むにつれこのゲームを繰り返すうちに影響力のある優秀な「A」という人物のせいでとある一つの数字が集中的に選ばれるようになってしまったのです。

100万人中5万人がその数字を選び、またこの流行が拡大すれば近いうちに半分の人がその数字を選ぶのではないかと問題提起されたのです。

 

全く興味のない人からすればどうでもいいというような問題です。

 

でもこの数字を選ぶゲームが好きな人たちにとっては大問題らしいです。

 

 

 

ある人はこう言います

一番昔の数字の偏りが極端にない方が良かったと。

 

 

 

これはルールを加えず自由に放置していたからいけないのだろうか。

 

数字が偏るのは自由の結晶であり偏るのもまたこのゲームの醍醐味だと、流行に乗った大人数がルールを加えるな老害。と訴えてくる。

 

しかし流行にのれてない人たち、流行にのりたくない人たちは

この大人数に対して反発します。

 

そしてさらに新たな勢力が表れます。

「B」「C」「D」

というAのやり方を模倣しAの数字をどんどんかっさらっていく集団

さらに「Z」という団体はAと真反対に数字をばらけさせるため

選ぶ数字を個人個人で決めておこう。という運動を活動し始めたのです。

 

 

 

 結局何が言いたいかって

そのゲームを面白くするのはそのゲームに対して新たなルールを加えるんじゃなくて

そのゲームをするユーザー達が新たな戦略や思考や情報やオリジナリティで面白くしていくことだと思いますし、始めに決めたルールをいじったり制限したり今まで出来ていたことを強制的に出来なくし自由を奪う

これがコンテンツを潰すことだと私は思います。

 

ちなみに時代が進むにつれ小数点を使い始めて無限に近い桁をぶち込むバカとか円周率選ぶ奴とか

100万までの数字を選んでねって言ってるのに俺は自由だとか言いながら億単位の数字を選んだり何乗の何乗の何乗の何乗のとかルートまるまる~とか出てきて

 

1から100万を選ぶゲームのバージョン2 や

ローカルルールバージョンとか

 

正直規模がでかくなりすぎてもうついていけないっすって感じになって

 

私たちは老害になる。

 

もう新たな試みとかいいよ・・・。疲れちまったよ・・・。

 

こいついつも進捗ダメだな

f:id:isiyomatin:20170715232007j:plain

f:id:isiyomatin:20170715232034j:plain

f:id:isiyomatin:20170715232100j:plain

f:id:isiyomatin:20141111001526j:plain

 

 

おまけ

 

 

f:id:isiyomatin:20170715230401j:plain

f:id:isiyomatin:20170715230401j:plain

 

 

 

f:id:isiyomatin:20170715230231j:plain

f:id:isiyomatin:20170715230715p:plain